理想の住宅を手に入れる

一戸建て住宅を購入する場合、住宅タイプを選ぶ必要があります。
主な住宅タイプは2つで、注文住宅と建売住宅となっています。
現在日本にある住宅は、注文住宅が305626戸に対して、建売住宅は116798戸です。
このように、建売住宅に比べて、注文住宅は3倍近く多いことには理由があります。
それが、注文住宅でできる”自由設計”です。
注文住宅では、住宅の間取りや設備など、住宅の建設にあたるほとんど全てのことをご家族の好みで決定することができます。
つまり自由設計を行うことで、理想どおりの一戸建て住宅を手に入れることができるということです。

家族の好みやライフスタイルに合わせた住宅にできることが、注文住宅の大きな魅力です。

アーカイブ

Bookmarks